梅シロップ成長期

私の最近の日課は、今年作った梅シロップの瓶を眺めることです。こう言うと、なんだかさみしい人みたいですが、梅シロップのかわいさをなめたらいけませんよ。梅シロップとは、少し傷をつけた梅と氷砂糖(砂糖でもいいみたいです)を瓶に交互に入れ、それを混ぜながら寝かしておくとできる、かんたんシロップです。他にも酢を入れるレシピもあるそうですが、うちは梅と砂糖のみ。梅シロップは夏バテに効果があり、お肌にもいいらしいですよ。なのでうちでは梅酒と梅シロップは毎年かならず作っています。ちなみに私のおすすめ梅シロップは炭酸割りですね。お湯割り、ジュース割りなど、他にもいろいろあるみたいです。そんな梅シロップの最大の魅力は、その成長期にあると思うんです。だって梅と氷砂糖を一緒に置くだけで水分がどんどん出てくるんですよ!これってとっても不思議じゃないですか?しかもよく見ていると、呼吸するように泡がぽつぽつと出てくるのです。これが生きているみたいでとってもかわいいんです。梅シロップは2~3週間ほど置いておくだけで出来上がります。うちのシロップもただいま2週間目に入って、だいぶ水分が上がってきました。もうすぐ飲めるようになりますね。とっても楽しみです。